Pocket

夏の季節になると猛暑で老若男女汗をかくものですが、子供が頭からビッショビショに汗をかいているのを見かけたことはありませんか?

 

子供だから活発だし汗かきなのは普通と考えられがちですが、何もしていないのに滝のような汗をかいていたら・・・とても心配ですよね。

 

ツイッターでも汗かきは何かしらの病気なのかも?という方もちらほら見えます。

今回このような声から汗かきに潜む病気は何があるのか、汗かきの対策や治し方を解説していきます。

[ad#kenkoo-1]

子供が汗を大量にかく3つの原因とは?

この時期だと尋常じゃない汗は夏で暑いからと適当に解釈しがちですが

子供が食事後の背中の汗、ちょっとはしゃいだだけで大量の汗をかいてしまうのはちゃんとワケがありました。

 

子供は代謝がいいから汗かきであるといった事も充分考えられますが、それだけじゃなく汗かきな原因は大まかに3つの原因があったんです。

 

気になりますよね。

 

特にこの時期の猛暑となると普段から汗かきな子供の異常な汗かきが分かりづらくなりますから、しっかり原因に目を通してくださいね。

 

子供の汗腺は大人と同じである

1つ目ですが、子供の汗腺は大人と同じ数あるといわれています。

 

汗腺というのは、簡単に言うと汗の出口のことで、機能としては体温を下げるためにあるといわれています。

 

では何故、子供の汗かきはあんなにもビッショリ濡れているのかというと、子供の体の表面積は大人と比べると少ないためです。

 

なのでシャワー後のような汗を当たり前のようにかいているようにみえるんですね。

 

で、汗腺は汗の出口であり体温を下げるためでしたが、人が汗をかくことは体温調整をしているんです。

 

汗をかくことで体温を調整しているわけですから、汗を全くかかないことは、体に溜まった熱を外に逃がすことが出来ないので、猛暑のような時期は熱中症になってしまう恐れがあります。

体温調整機能は、熱中症が流行る猛暑の時期にも重要な役割を担っているのでチェックしてみてください。

猛暑!熱中症の3つの要因と対処法

 

このようなことから子供が汗を大量にかくことは、病気ではないケースもあるため、疑いがなければ安心してもいいといえるでしょう。

 

ちなみに近年の子供は、アウトドアよりインドアでゲームなどをしている子供が増えているため低体温の子が多いようです。

常に涼しい、冷えた空間にいると体温調整機能が鈍るので逆に汗をかかない子供の方が問題視されています。

 

つまり汗腺が大人と同じぐらいあるわけですから多少汗かきでも病気の疑いがなければ安心して大丈夫ですよ。

 

多汗症である

2つ目は、子供の頃から多汗症なんてありえるの?と目を疑いたくなると思いますが、多汗症の1つに子供の頃からでもなる幼児多汗症というものがあります。

 

幼児多汗症というのは、子供は汗かきなため非常に分かりずらいですが

下記のような症状から見分けることができるので汗かきにもしても大量ではないか・・・?と思う節があったらチェックしてみましょう。

  • 靴下が湿っているほど足の汗が多い
  • 季節関係なく手の平にじんわり汗がにじんでいる
  • 運動後でもなく気温が高いわけでもないのに汗をかいている

このように実際に調べたことをお伝えしていると、私も子供の頃手の平が汗でじんわりしていて、触ったノートや教科書など湿っていたので幼児多汗症だったのでは!?と感じています。笑

 

 

そんな幼児多汗症の原因はというと・・・

  • 精神的なストレス
  • 体質
  • 遺伝

この3つが大きな原因です。

 

 

楽観的に見えるかもしれませんが、子供も環境や友人関係、勉強などで精神的なストレスを受けているものです。

 

例えば進学やクラス替えでの環境の変化もそうですし、勉強の課題に追い込まれるというケースも当然ありますよね。

 

そのようなことから精神的なストレスを抱えてしまい、自律神経のバランスを乱してしまったりと。

 

そのため精神的ストレスを抱え自律神経が乱れている子供は、多汗症と診断されやすいようです。

 

 

体質や遺伝のケースは、家族に多汗症や汗かきの人間がいないか確認してみると手っ取り早いですね。

子供の体質や遺伝に関しては、気になるようでしたら小児科に行き医師に相談をしてみましょう。

 

バセドウ病(甲状腺の病気)

バセドウ病というのは、主症状が大量の汗かきになるという病気ではないですが、症状に発汗過多が見受けられます。

 

スポーツやトレーニングを行っていなくても、病気により行っている状態になってしまうことで動いていなくても大量の汗をかいてしまう病気です。

 

多汗症である、汗腺が大人と同じ数であるという原因とは違うもので他の症状としても重い病気になるので、子供の体調がおかしいと感じたらすぐ病院へ連れて行ってあげましょう。

[ad#kenkoo-1]

 

まとめ

汗腺が大人と同じであり、汗をかくことは体温調整を行っていることなので問題ないものです。

 

ちなみに大人になるにつれ汗かきは気にならなくなるので、子供の頃は大目に見てあげるべきでしょうね。

 

そして、気を付けなければいけないのが2点ありますが

1点目は汗かきだからといって、エアコンのクーラーをガンガンにかけたような部屋に居続けるのは避けることです。

子供の頃から体温調整機能に深い関わりのある汗腺の発達を妨げてしまうと、汗をかきにくい低体温児になってしまいます。

 

2点目はバセドウ病など甲状腺の病気が疑われる場合です。

頭から大量の汗をかいているだけなら可能性は低いですが、体中から汗をダラダラかいているようでしたら可能性ありです。

お子さんの状態を見て、判断できなかったり気になるようでしたら病院へ連れて行き医者に診断してもらいましょう。

Pocket