Pocket

「んん?朝起きたら喉に違和感が・・・」

 

この季節になるとインフルエンザが注意喚起されますが、流行ってしまうのが風邪ですよね。

 

街中を歩けばマスクを着用している方が多くいらっしゃいますし、日頃の健康管理をより意識しなければいけないのがこの季節。

 

そんな風邪でも症状が沢山あります。

・熱
・のどの痛み
・鼻詰まり
・鼻水
・頭痛
・咳
・・・etc

 

細かく挙げだしたらキリがないですが
今回は、よく風邪のひきはじめは喉からくる人が多いと思うので、風邪の中でも特に厄介な喉の痛みについて原因や即効性のある治し方について解説していきます。

 

この記事を読み終わったら即実践して即効で解消していきましょう!

 

のどの痛みの原因とは

のどの痛みが発症する原因はこれ等が該当します。

・免疫力が落ちていた
・疲れが溜まっていた
・乾燥により喉の粘膜が乾いていた
・・・etc

日頃の疲れが溜まって免疫力が落ちたり、乾燥により喉の粘膜が乾くと菌が喉に付着して炎症を起こします。

 

 

なので痛みをなくすには、細菌を殺したり、除去するようなことをしないと炎症は治まらないんですね。

 

 

何もしないと痛みは長続きするので厄介ですが

これから即効でのどの痛みを治す方法や予防策を解説していくので安心してください。

 

のどの痛み対策3原則

  1. 炎症を抑える
  2. 細菌の繁殖防止
  3. 細菌の除去

 

この3つさえ抑えれば、のどの痛みとはおさらばできます。

 

しかし、のどの痛み、腫れを治そうとしても喉の悪影響のやってはいけないこともあります。

 

それは、炭酸飲料、香辛料が強い食べ物を摂取することです。

 

のどが炎症している時に刺激物を与えるのは火に油を注ぐようなものなので注意してくださいね。

 

 

それでは、のどの痛みが解消する即効性のある治し方を紹介していきますね。

 

 

のどの痛み治し方、予防法

【即効性】うがい編

・緑茶

カテキンの殺菌作用は強力です。

のどの痛みには勿論、冬に流行るインフルエンザなどのウイルスの予防にも最適です。

飲料としてもいいですし、緑茶があれば薬いらずですね。

 

 

・イソジン

イソジンはよく見かける代表的なうがい薬ですよね。

ポピドンヨードという主成分が抗微生物成分なので即効性のある殺菌力を期待できます。

予防としてでも最適ですしのどの痛みを引き起こしてからでも高いパフォーマンスを発揮してくれます。

 

 

・アズノール

イソジンは予防としても使われてますが、アズノールはすでに炎症してしまっている治療専門です。

その治療範囲は広く、のどの炎症、扁桃炎、口内炎、急性歯肉炎、舌炎、口の中の傷にも適しています。

 

【即効性】食べ物、飲料編

・生姜

生姜のど飴があるように生姜には、のどを暖める作用があるので痛みを和らげてくれます。

 

 

・ハチミツ

栄養価が高く殺菌力が素晴らしいです。

食べるだけでなくハチミツでうがいをしたり、ハチミツを喉に塗ると効果抜群との報告もあります。

 

 

・玉ねぎ

アリル酸がのどの炎症を和らげてくれます。

ポイントは、野菜は生で食べると栄養価が高いと言われるように生で食べることでより効果があります。

オニオンスライス料理が風邪の喉の痛みに最適料理ですね。

 

 

・大根

大根の成分イソチオシアナートが殺菌・消炎作用があります。

大根おろしは、スーっと食べやすいですね。

 

 

・レモン

ビタミンCがのどの粘膜に効果的です。

はちみつレモンという飲料水、のど飴がバンバン売られているように、はちみつとレモンのコンビはのどを治すためにあるといっても過言ではないでしょう。単純に美味しいですが。

 

・レンコン

全ての風邪の症状に効く万能野菜のレンコンは、風邪の初期症状に食べておきたい食べ物。

ビタミンCによる粘膜の強化や免役をアップさせる効果などあります。

 

 

・緑茶

うがいでも紹介しましたがカテキンの天然殺菌作用が効果抜群

 

【即効性】日常生活編

・加湿器を置く

体温が下がりカラダが冷えると風邪がひきやすいので

湿度を高めるために部屋に加湿器を置くのもいいですね。

多温多湿の部屋は風邪予防に最適空間です。

 

 

・マスク

マスクには

  • 風邪の伝染を防ぐ
  • ほこりや細菌が入るのを防ぐ
  • 乾燥を防ぐ

効果があります。

 

予防として活用できるのがマスクですが

濡れマスクは、のどに加湿効果が期待できるのでウイルスの侵入阻止、喉の痛みを和らげてくれます。

 

 

・喉を温める

喉を暖めることは、細菌の繁殖を防いでくれます。

 

防寒として巻いているマフラーやタートルネックTシャツなど

喉付近を包んでくれる物を着用することが効果的です。

 

カラダは冷えると免疫力が低下する仕組みなので
体温を上げることで免疫力も高まるようになっています。

 

 

・風門にカイロを張る

実は、背中上部には風邪の症状に効くツボがあります。

 

カゼの出入り口といわれる風門というところですが

ここにカイロを張り温めることで免疫力がアップし風邪に効果絶大なんです。

 

ツボの場所は、首を前に倒し裏に一番大きなでっぱりの 骨があるので

その骨から下へ指2本分下がり更に左右外側2本分離れたところにあります。

 

【即効性】医薬品編

ルルアタックEX

抗炎症成分が、赤く腫れて痛い喉、唾を飲むだけで痛い喉に効いてくれます。

ルルが効く♪でお馴染みですね。

 

 

・ルルのどスプレー

ジェルタイプのスプレー薬品なので治したい患部に留まるようです。

スーッとするメントール味なのですっきり感があります。

 

 

・アグセグトローチ

炎症によるのどの腫れや痛みを抑えてくれるトローチです。

ブルーベリー味なので小さい子供にも安心して使えます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

沢山お伝えしてきましたが、のどの痛み、腫れは悪化する前にのどに違和感がある、調子が悪いなどの初期症状の時に対策に励みましょう。

 

 

また風邪の喉の痛みは、風邪の中でも初期に症状が出てなりやすいものですが治し方は、食事や日常生活で意識することで沢山ありますし代表的なうがい、医薬品など即効性の高い解消法が数多く存在してますのであなたに合ったものを試してみてくださいね。

Pocket