Pocket

子供に多い病気で最近では大人もかかるといわれているおたふく風邪はご存知でしょうか?

 

おたふく風邪にかかると片側ないし両側の唾液腺、耳の下の部分やあごの下が腫れたりします。

 

 

その症状がおたふくに似ていることからおたふく風邪という名前の由来があるそうですが

おたふく風邪は、ムンプスウイルスによる全身感染によるもので別名で流行性耳下腺炎(ムンプス)ともいわれています。

 

 

全身感染のウイルスと聞くとインフルエンザ同様かかると危険な病気だと思いますよね。

 

子供だと無菌性髄膜炎(むきんせいずいまくえん)、難聴を合併してしまう可能性もありますし

大人の主な症状だと脳炎・脊髄炎、心筋炎、精巣炎・卵巣炎といったものを合併症として発症してしまうケースもあります。

 

 

なのでおたふく風邪にかかることを防ぎたいですし、万が一かかったとしても

合併症を併発させず軽症で済ませるためにも対策をうっておきたいですよね。

 

 

果たして気になる料金は一体いくらなのでしょうか。

 

 

今回はおたふく風邪の予防接種について、予防接種の料金はいくらかについて解説します。

 

スポンサーリンク

おたふく風邪の予防接種について

おたふく風邪の予防接種は、現在自己負担になる任意接種となっています。

 

 

ひと昔前は、麻疹ムンプス風疹混合ワクチンが定期接種だったのですが

予想を上回る無菌性髄膜炎の発症が報告されたこともあり

定期接種をとりやめ、その頃からおたふく風邪の予防接種は任意接種となりました。

 

 

ワクチンは、ムンプスウイルスの毒性を弱めて作った生ワクチンです。

接種をしてから約1カ月間で十分な抗体ができあがるので安心してください。

 

気になる効果としては、1回の接種で90%以上の予防効果が

2回目の接種で95%以上の予防効果が期待できるとされています。

 

1歳を過ぎましたら予防接種を受けることができるようになるので、必ず1回受けておいたほうがいいでしょう。

 

 

おたふく風邪の予防接種の回数は何回受けたほうがいい?

先に述べたように1回の予防接種で90%以上の予防効果が期待できますが

日本小児科学会は、予防効果を確実にするために2回の接種を推奨しています。

 

 

予防接種を受ける時期は

  • 1歳過ぎの2、3歳までに1回目
  • 5、6歳の時に2回目

が望ましいです。

 

 

日本小児科学会がここまで予防接種を2回受けたほうがいいと推奨しているのは

おたふく風邪を発症させないためは勿論のことですが

予防接種を受けてもおたふく風邪を発症してしまうケースもあるからです。

 

 

えー!それでは1回予防接種受けても意味がないのでは・・・?と疑心をもってしまう方もいると思います。

 

 

しかし、この予防接種は重症にさせないためであったり、合併症を防ぐためでもあります。

 

つまり、予防接種を受けることは

  • おたふく風邪にかかりにくくなる
  • 症状の重症化を防ぐ
  • 難聴、無菌性髄膜炎等の合併症を防ぐ

に繋がります。

 

しかもムンプウイルスによる難聴は治療法がないのでこの予防接種にかけるしかありません。

 

 

上記のような効果を最大限得るためにも予防接種を受け

免疫をつけておくのがリスクを背負わないですし、健康的に生活していけるものだと思いますよ。

 

 

予防接種の料金は?

 

おたふく風邪の予防接種は受ける地域、病院によって異なります。

 

異なる理由は

  • 一部公費助成を行なっているところがある
  • おたふく風邪の患者数
  • ワクチンの納入価
  • ワクチンの納入本数

など地域、病院によって様々だからです。

 

 

で、ワクチンの金額は大人、子供問わず

  • 一部公費助成がなければ1回平均5000円~7000円
  • 一部公費助成を行なっているところであれば平均して1回平均3000~4000円

というのが多いです。

 

 

なので公費助成がある、ないとでは数千円単位で変わってくることになりますね。

 

 

数千円単位で変わるのはデカイと思いますが

ワクチンの予防接種でおたふく風邪の発症のリスクを軽減できるので惜しまず受けておいた方がいいでしょう。

 

 

ちなみに自身の地域で一部公費助成があるか、ないかを確認するには

区市町村の役所に問い合わせてみて聞いてみるといいですよ。

 

まとめ

おたふく風邪の予防接種、回数、料金について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

予防接種を受けることは、おたふく風邪を防ぐだけでなく重症化、合併症を起こさないためでもあるということでしたね。

 

費用は一部公費助成がなければ1回平均5000円~7000円で

一部公費助成を行なっているところであれば平均して1回平均3000~4000円です。

 

料金高いし任意だから受けなくてもいいっかー!なんてことはないようにしてくださいね。

 

特に2歳~5歳の間にかかることが多いので

子供が1歳になったらせめて一度は、予防接種を受けておきましょう。

 

治療法が未だないおたふく風邪による難聴になってからでは遅いですし、子供を守るためと思えば安いもんです。
そうならないためにもぜひ予防接種を受けさせてあげてくださいね!

Pocket