Pocket

五月病は新社会人、新入生になり新たな環境で過ごす事になった時やGWが明けいざ明日から仕事、学校の始まりだ!という時に陥りやすいものです。

 

就職や入学による新社会人、新入生などの節目は、今までの生活リズム、人間関係がガラッと変わってしまうことから希望もあれば不安も感じてしまうことが多々あると思います。

 

また日頃無理して仕事を頑張っていた方に多くみられますが

GWなどの長い休みで緊張がほぐれても、休みの終わりが近づくにつれ

仕事の事を考えてしまい、頭痛を引き起こしてしまったりというケースも珍しくありません。

 

そんな五月病の原因や症状について解説するだけでなく五月病の予防対策を紹介していきます。

[ad#kenkoo-1]

 

五月病の原因って知ってた?

5月になったら何か体に不調があったり、状態が優れないと「五月病だー。」と言ってしまったり、実際に生活までに支障をきたす人も多くいます。

 

ちなみにTwitterでもこのようなツイートが毎分毎に呟かれていたので私も驚いています。笑

このように五月病に多くの方が悩んでいるのですが、本来、五月病というものは病気ではないのが真実です。

 

 

五月病というのは、就職したての新社会人、進学して新しい学校生活を迎える新入生だけでなく会社員、学生も起こる可能性を秘めています。

 

 

例えば就職した新社会人、進学した新入生の場合

4月からは、新しい職場環境や学校のクラスメイトと過ごすことになります。

その際に初めが肝心と意気込んで気を張ってしまったり、無理して新しい環境に慣れようとしてしまいます。

 

今まで働いていた会社員の場合もですが

4月の節目の時期に異動があり、新しい配属先での人間関係に気をつかったりとしてしまうものです。

 

 

その気を張ったり無理した状態でGWなど長期の休暇に入り、その休暇間は気疲れや緊張感が解けて息が抜けるのですが

GWなど休暇が終わった際にドドーッ!と症状がでやすいのがこの五月病です。

 

つまり、うつ病とまではいきませんが、新たな環境や人間関係により精神が不安定になることで強いストレスを受けてしまうわけです。

 

このようにストレスからくるものを適応障害ともいいます。

 

五月病の症状とは?

強いストレスから適応障害となる五月病ですが、症状はどんなものがあるのでしょうか?

 

先ほどのツイートを見てもそうですが、無気力や引きこもりがちの症状が出てしまう方も。

それに続いて五月病の症状は細かくみるとこんなにもあります。

  • 無気力
  • 無関心
  • 不安感
  • 不眠
  • 動悸
  • 頭痛
  • めまい
  • 食欲不振
  • 不眠
  • 胃痛
  • 下痢
  • 便秘
  • 判断力の低下

全ての症状が出てしまうわけではなく、個人の状態によるので個人差がありますが

頭痛やめまいおいったものだけでなく、うつ病に似ている症状も起きるので注意が必要ですね。

 

普段のストレスは一気にこのような症状は出ないものですが

新しい職場、人間関係、環境となると一層ストレスを感じてしまうものですからこのような症状が出やすくなるのでしょう。

 

そしてこのような方が陥りやすいので、ピンッときたら状態をチェックしてみてください。

  • 周囲に気をつかいすぎてしまう性格
  • 一生懸命で真面目な性格
  • 人間関係などに神経質な人
  • 新生活に気を張り詰めていた人
  • アルバイト未体験など社会経験が乏しかった人

 

このような傾向の方は五月病になりやすいので、うつ病のような症状を起こさないために対策予防をしていきましょう。

 

 

五月病の予防、対策5選!

沢山のうつ病と似た症状だけでなく頭痛も症状として起きる五月病ですが

まずは、五月病にならないことが一番良いことなので予防、対策を挙げていきますね。

 

生活リズムを整える

休日になると夜更かしをしてしまったり、悩みがあると寝るまで抱え込んで寝付けなくなると、睡眠不足になりますよね。

睡眠は甘くみてはいけないもので、充分な睡眠をとっていないとうつ病になるといわれています。

早寝早起きなどリズムをつくり睡眠の質を高めることをオススメします。

 

運動を欠かさず行う

ジョギング、エアロビ、スポーツクラブに通っている方は感じていると思いますが

運動をすることで心に突っ抱えていることがスッキリします。

これにはしっかり理由があって、運動をすると脳内のセロトニンという別名幸せホルモンが活性化されます。

しかもセロトニンが不足するとうつ病になりやすい傾向があるので、運動を行うことってバカにできないんですよ。

 

完璧をやめる

私は、サッササッサと突き進んでいきたいタイプなので、全て100%にキッチリやるまで気が済まないといった性格ではないのですが、何事も完璧に行おうとすると自分に負担をかけてしまい、体や心を壊すといった自業自得が起きてしまいます。

確かに100%行うことは、真面目だと思いますが体を壊したり病んでしまっては元も子もありません。

神経質にならないように完璧を求めない気楽な心構えを意識することがストレスを溜めませんね。

 

目標を設定する

五月病の症状は無関心や無気力とありますが、明確な目標を設定していたらそのような事態に陥ることはないと思います。

目標がないことで日々に疑問を感じ病んでしまったりすることが大きく関わるので、何でもいいので自分の内と対話し実現したい目標を設定することをオススメします。

 

好きなことに没頭する

誰しもが趣味、好きなことがあると思います。

趣味、好きなことに没頭している時って凄く頭が働きますし、ワクワクしますよね。

あまりにも打ち込みすぎて時間を忘れてしまうぐらいになると最高ですよね。

そのような状態でもセロトニンが活性化されるので、どんどんプラス志向になりますね。

 

 

これらは全て五月病の原因であるストレスを解消したり、溜め込ませない事が目的です。

日常的に行うことであったり、心構えのものが挙げられるので、生活習慣を見直すいいキッカケになるかもしれません。

 

ストレスは万病の元。受けないことがいいですが、生きていれば感じるものなので

プラスに転換したり、自分なりの解消法を見出してみましょう。

 

[ad#kenkoo-1]

 

まとめ

五月病は、ストレスが原因でストレスの予防対策、いかに上手く付き合うことが重要と分かっていただけたと思います。

環境の変化によって今まで慣れないことが出てくるケースもありますが、順応されていくものなので

気張らず、無理をせず体と心をケアしながら歩んで行きましょう。

 

Pocket