Pocket

今年に入って足早にインフルエンザの時期が到来してしまいましたね。

 

今年のインフルエンザの特徴と潜伏期間はどういったものになるのか

体調を崩しやすい人だけでなく過去にインフルエンザにかかった人は

特に一層身が引き締まる思いですよね。

 

多くの人が対策をうつために予防接種を受けるなどしていらっしゃると思いますが

万が一のことを考えるとインフルエンザの具体的な特徴や症状を

自分を守るだけでなく周りを守るために知っておいた方がいいと思います。

 

今回は、人のみに感染し、風邪なのかインフルエンザなのか暖味で

中々自覚しにくいインフルエンザB型について解説していきます。

 

スポンサーリンク

インフルエンザB型の症状って?A型とどう違うの?

インフルエンザはA、B、C型と幅広くありますが、型によって症状、特徴が違います。

 

インフルエンザAの症状、特徴をザックリあげると

  • 他の型を抜いて最も流行しやすい
  • ウイルスの増殖スピードが速い
  • 人、動物に感染拡大する
  • ウイルスの種類が144種類
  • 時期は12月~1月
  • 風邪と似た症状全般(咳、頭痛、鼻水、のどの痛み、くしゃみ)
  • 関節痛、筋肉痛
  • 38度超えの高熱
  • 悪寒
  • カラダのだるさ
  • 気管支炎
  • 上気道炎

などです。

 

 

人だけでなく、鶏インフルエンザはニュースなどで聞いたことあると思いますが

豚や馬にも感染するので相当感染力が強いと思われますし

144種類ものウイルスが存在するので世界的に流行してしまうのも頷けてしまいますね。

 

 

風邪と似た症状と12月~1月で38度を超える高熱、関節や筋肉痛と全身の症状も伴うのであれば

インフルエンザA型を疑ったほうがいいですし、即病院へ行き医師に診てもらいましょう。

 

 

続いてインフルエンザB型の症状、特徴は

  • A型ほど流行にならない
  • ウイルスの種類は2種類
  • 感染力が強い
  • 人にのみ感染する
  • 自覚症状がない
  • 時期は2月~3月
  • 風邪全般((咳、頭痛、鼻水、のどの痛み、くしゃみ)
  • 高熱と微熱
  • 寒気
  • 関節、筋肉痛
  • カラダのだるさ
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • 血便
  • 便秘
  • 胃炎

このようにA型と比べると消化器系にも症状が出ます。

 

まず、インフルエンザB型の感染は、A型ほど世界的に流行はしにくいものの

B型の病原体をもっている人の咳、くしゃみで感染しますし

手に付着していた細菌が皮膚を通じて侵入し感染するケースもあります。

 

つまり身近な人から人へ感染する傾向が強いんですね。

 

 

その理由は、自覚しにくい熱の症状からも分かるように

A型は38度を超える高熱が出るのですが、B型は高熱に必ずなるとは断定できず微熱しか出ないケースがあるんです。

 

 

そのため症状が軽いと風邪かインフルエンザか暖味になり、軽視しほかっておくと症状が重くなる恐れがあります。

 

 

その間に普通の日常生活を送って仕事場、学校なりに行っていたりすると感染拡大の可能性も出てきてしまうんですね。

 

 

後々インフルエンザだと分かっても治すまで期間が長引いてしまいますし

感染を広めてしまう場合も考えれるので

A型に比べ自覚しにくい、いやらしいインフルエンザウイルスといえるでしょう。

 

 

また、上記の消化器系の症状が伴うのであればB型を疑いましょう。

 

A型では消化器系の症状は少ないですがB型はここまで多いので注意が必要ですね。

 

 

潜伏期間はどのぐらい?

 

インフルエンザB型は自覚症状が分かりにくいので

初期症状である風邪の症状全般、筋肉関節痛、カラダのだるさ、悪寒を感じたらインフルエンザB型を疑いましょう。

 

予兆である上記の症状が合えば感染してしまっている可能性があるからです。

 

そして潜伏期間はA型は1日程度ですが、B型は1日半~3日程度です。

 

なのでA型に比べB型の方が長いんです。

 

そのため体内におけるウイルスの残留時間が長いため

その期間は人に感染するのを防ぐために外出などを避けた方がいいです。

 

またインフルエンザA型にかかった人が続けてB型に感染してしまうケースもあるので要注意ですよ。

 

 

 

インフルエンザB型の予防と治療法

B型の特徴、症状、潜伏期間を分かったところで

何としてでもインフルエンザにはかかりたくないですよね。

 

これから予防、治療法についてみていきましょう!

 

インフルエンザ予防対策

B型であってもインフルエンザの予防対策は共通して日頃の日常生活から行えることです。

  • 予防接種を受ける
  • 手洗い、うがい
  • マスクを着用する
  • 免疫力を高める食べ物を食べる
  • 部屋の湿度管理
  • 人の多いところへ行かない

 

・手洗い

基本的に行えて生活習慣にしたいのが手洗い、うがいですよね。

キレイキレイのCMで子供の手に細菌が一杯!という宣伝があるように子供問わず人は

日常生活で限りないほどの細菌を手に付着しています。

 

つまり手洗いをしていない場合、年中菌と隣り合わせのようなもので

風邪を引き起こしてしまったり、インフルエンザが流行しやすい時期は感染しやすい危険性があります。

 

・うがい

うがいを対策としてあげた理由は、手に細菌が付着するように

外を出歩けば色んなウイルスが飛び交っているので喉にも細菌が残留しやすいからです。

 

うがいには塩水、イソジン、お茶など殺菌効果や予防になるうがいをすると効果的です。

 

・予防接種

予防接種は、実は完全な予防にはならないという声も聞きますが

摂取を受けないより受けた方が間違いなくいいです。

 

・マスク着用

この時期待ちを歩けばマスクをしている人が目立ちます。

マスクは外部からの感染を防いでくれますし、もし自分が感染してしまったら人に感染させないためにマスクを着用しましょう。

 

免疫力を高めある食べ物

ウイルスを予防するビタミンBが豊富な魚、ヌチンという粘膜の表面をカバーし守ってくれる成分を含む納豆や山芋がインフルエンザ予防にいいとされています。

 

部屋の湿度管理

ウイルスは乾燥に強く、乾燥状態が続くと喉などの防御機能が低下します。

そのためインフルエンザウイルスによる感染が起こりやすくなってしまうんですね。

 

なので感染を防ぐ方法は、加湿器を活用し適正な湿度(相対温度40%)を保つことです。

 

人の多いところへ行かない

仕事や学校がある場合以外は、この時期は滅多に外出をしないというのも手です。

 

 

インフルエンザ治療法

もし、インフルエンザに感染してしまった場合の治療法や対処法について解説していきますが即行、治療することにあたりましょう。

 

インフルエンザの症状が出たと感じたらウイルスを増殖させ長引かせないためにも

速やかに病院へ行き医者の支持を仰ぐ、薬をもらった方がいいですし

日常生活でも治療に向けて行えることは沢山あります。

 

それでは治療、対処法をみていきましょう。

  • 病院で医師から処方された薬をしっかり服用する
  • ビタミンが多い野菜、免疫力を高める食べ物などバランスよく食事を摂る
  • 手洗いで手の菌を殺菌、うがいで気管支を潤しておく
  • 睡眠はカラダを休める最高の休養剤なので十分に睡眠をとる
  • ウイルスを感染させないために人前でもマスク着用
  • 加湿器で室内の湿度を適正にしておく(60%前後)

市販薬の薬ではどうにもならないので病院で薬を処方してもらうことは必ずしましょう。

 

抗インフルエンザ薬は、副作用もあるので医師から注意されたことをしっかり守り服用してくださいね。

 

日常生活では、上記の事を意識付けて行って早目の治療にあたってくださいね。

 

まとめ

それでは最後に今一度まとめます。

インフルエンザB型の症状、特徴

⇒微熱など自覚症状が薄く消化器系にも症状が出ます。

 

インフルエンザB型の潜伏期間

⇒B型は1日半~3日程度で残留時間が長い

 

インフルエンザB型の予防

⇒予防接種を受ける、手を殺菌する手洗い、殺菌効果のあるうがい、外部から感染しないようにマスク着用

 

インフルエンザB型の治療法

⇒医師から指示を仰ぎ処方された薬をしっかり飲む、ビタミン豊富、免疫力を高めるバランスの良い食事

インフルエンザB型について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

インフルエンザについて知っておくことは、自分を守ることに繋がりますし予防、対策することで感染するリスクを減らせます。

 

万が一、インフルエンザにかかってしまった場合でもインフルエンザの治療、対処法を知っておくことで

症状を重くすることなく速やかに治療回復へと役立てることができるでしょう。

 

今回は、インフルエンザB型について解説してきましたが

インフルエンザB型の症状は自覚症状が薄い反面、ウイルスの残留時間がA型に比べて長いので

周りの人への感染を防ぎたいですし、治ったと思ったらぶり返す危険性もあるので

侮ることなく注意し、しっかりと予防、完治に努めてまいりましょう。

Pocket