Pocket

毎年、冬になると流行ものといえば・・・・インフルエンザですね。

 

病院の患者はインフルエンザの人が急増するなど健康体でいなくてはならない季節です。

 

今回は、インフルエンザの中で最も流行性の高いインフルエンザa型について解説していきます。

 

インフルエンザa型の症状、潜伏期間、対策と治療法など気になるところだと思います。

 

それではいきましょう。

 

 

インフルエンザa型とは

インフルエンザa型は、a、b、cのインフルエンザウイルスがある中で

断トツでウイルスの増殖スピードが早いため世界規模で大流行するインフルエンザと恐れられています。

 

そのように言われるように、インフルエンザa型を発症した人が

インフルエンザを発症していない人と同じ部屋や空間にいるだけで感染する可能性が高いんです。

 

子供の頃、学生時代に先生からこんなこと言われませんでしたか?

「インフルエンザにかかってしまったら完全に治るまで学校へ来てはいけません!」と。

 

つまりインフルエンザの集団感染により学級閉鎖も考えられるからですね。

 

甘くみれないほど簡単に感染ります。

 

しかし、大流行してしまうのはインフルエンザに気付かず学校に登校してしまい知らぬ間に感染してしまっていたり

体調が悪くても会社を中々休めず風邪だと言い聞かせて無理に出勤してしまったりと様々なケースが考えられます。

 

なので毎年大流行してしまうのも頷けてしまいますね。

 

スポンサーリンク

インフルエンザa型の症状と潜伏期間って?

インフルエンザa型とb型の症状は違います。

 

下記では大人、子供問わずインフルエンザa型を発症してしまった場合の症状を上げています。

 

初期症状である予兆が見られたらインフルエンザa型を疑っても間違いなしですよ。

  • 38度を超える高熱
  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 寒気
  • 悪寒
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 倦怠感
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 胃痛
  • 耳鳴り
  • 眩暈
  • 気管支炎

全ての症状が出るわけではありませんが代表的なものとして

  • 38度以上の高熱
  • 寒気
  • 頭痛
  • めまい
  • 関節痛(腰痛)

など。

 

そして、インフルエンザの潜伏期間は1~3日です。

 

この潜伏期間というのが症状が出始めるまでの期間です。

 

そして症状が消えるまでが症状が出てから3~5日ほどみましょう。

 

注意点は症状が消えても完治しているとは限らないもので、一人一人の体調によって長引く人もいるわけです。

 

つまり個人差があるので感知までは7~10日はみておきましょう。

 

 

2016年インフルエンザa型にかかってしまった人も沢山います。

天皇陛下までインフルエンザa型を発症しているようですね。

 

予防接種を受けたとしても油断禁物です。

少しでもいつもの僕(私)ではないと感じたら早急に病院へ行き診察を受けましょう。

 

 

インフルエンザa型の対策

上記の症状から想像つくようにインフルエンザa型にかかると本当辛いものです。

 

私も子供の頃インフルエンザa型にかかった経験がありますが

普段は問題なく学校に登校しゲームなどしたりして友人と遊んでいましたが

インフルエンザa型にかかった時は、何も手につかないほど寝込んでいました。

 

沢山の症状とともに体力も奪われてしまうので大人しくしていた覚えがあります。

 

そして感染力がとてつもない。

これでインフルエンザだと気付かずに学校に登校していたと思ったらかなりゾーッとしますね。

 

そこで、もし家族や周りの人が感染した場合の感染者から感染る確率を減らす対策を解説します。

 

まずインフルエンザは、空気による感染と感染者と接触することから感染ることが主なので

  • 家内、外出先でもマスク着用
  • 学校、会社から帰宅したら手洗い、うがい
  • 人混みを避ける

を意識しましょう。

 

 

インフルエンザa型の治療法

インフルエンザa型にかかってしまったら!治療法は二通りあるといっていいでしょう。

  • 自然療法
  • 薬物療法

です。

 

自然療法は、はっきり言ってオススメできません。

何故なら症状が治りかけてもぶり返す危険性を秘めているため

仮にa型が治ったとしてもb型に感染する可能性もあります。

 

なので確実に早く治すためには薬物治療をオススメします。

 

病院で治療薬を医師に診断してもらいましょう。

 

インフルエンザに効果がある治療薬は

  • タミフル
  • リレンザ

という抗インフルエンザ薬です。

タミフル

・症状が発症して48時間以内、早目に服用するのが望ましい(48時間以降だと効果が薄くなる)

・インフルエンザa、b両方に効果有り

・副作用(嘔吐、下痢、腹痛)がある

・最近ではインフルエンザ発症者と同居している高齢者にも医師から必要であると認められた場合人の予防としても処方される。

・メディアで取り上げられた異常行動については明確な因果関係がない

リレンザ

・粉薬を直接気道に届けることで即効でインフルの増殖を抑えることができる

・吸入薬である

・インフルエンザa、b型両方効果有り

・副作用(下痢、発疹、吐き気、動悸)がある

こちら2つの治療薬が代表的で即効性のあるものです。

 

 

治療薬につけ加えて日頃から行えることは生活習慣を意識することです。

  • 栄養価の高いバランスがとれた食事
  • こまめな水分補給
  • 充分な質の良い睡眠

これらを徹底することで長引くことなく回復にむかうことができると言えます。

 

まとめ

インフルエンザa型の症状、潜伏期間、対策と治療法について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

要点をまとめると

インフルエンザa型は世界的規模に流行するウイルスである

インフルエンザa型は、38度以上の高熱、寒気、頭痛、めまい、関節痛(腰痛)が代表的な症状である

潜伏期間は1~3日、完治まで7~10日ほどかかる

対策は、マスク着用の徹底、学校、会社から帰宅したら手洗い、うがい、なるべく人混みを避ける

治療法は、薬物治療(タミフル、リレンザ)を医師に処方してもらう。生活習慣を規則正しくする

でした。

 

予防接種を受けている方がほとんどだと思いますが、対策を日頃から行ってこの時期を乗り越えていきましょう。

 

万が一インフルエンザにかかったら病院へ行き診断してもらうことが大切ですし、治療薬を処方してもらったら守って服用しましょうね。

Pocket