Pocket

夏の肌のトラブルといえば、あせもですね。

 

あせもは、老若男女問わず悩むものですが、赤ちゃんはとても汗っかき且つ敏感肌なのであせもになりやすいものです。

 

赤ちゃんは、汗を自分で拭いたり、服を着替えるといったことは出来ないものですから、あせもの発症を防いだり、あせもが悪化しないようにケアをしなければなりませんよね。

 

そんな夏に悩む方が多いあせもですが、今回は、発汗量が多くてあせもができる可能性が高い赤ちゃんに焦点を当てて、あせも対策や治し方を解説していきます。

[ad#kenkoo-1]

あせもの原因とは?

赤ちゃん、乳幼児のあせもの原因はこのようなことが考えられます。

  • 赤ちゃん、乳幼児は基礎代謝が高いため汗をかきやすい
  • 夏の季節は、汗をかく時間が長い
  • 汗腺の数は赤ちゃん、乳幼児でも大人と同じ

このように赤ちゃんや乳幼児の基礎代謝は、大人と比較すると高いので汗をかきやすいということなんです。

 

しかも汗の量は大人の2倍なので小さな体からこんなにも汗が出るのかと驚きです。

それを裏付けるように汗腺の数は大人と同じですからね。

 

そして気をつけなければいけないのは、赤ちゃんの皮膚は、大人のおよそ半分の厚みしかないので、かなりデリケートでもあります。

 

夏の季節は、高温多湿なのでこの時期は、汗をかく時間が長くもなってしまったりと赤ちゃんも何かと大変です。

 

ちなみに汗は、汗腺導管を経由し外に出るようになっているのですが

汗が上手いこと外に出ていかないことで汗の垢や埃が皮膚に詰まりを起こし、炎症を起こすことで発症してしまいます。

 

つまり赤ちゃん、乳幼児は汗を沢山かくのであせもになりやすく、しかも肌がデリケートですから、より対策に励んでいかなければなりません。

 

あせもを防ぐ!あせも予防を

あせもは、汗、汚れが原因なので汗、汚れをなるべく肌に残さないようにすることが対策になってきます。

 

特に夏場は必然的に汗をかくので意識しなければいけません。

 

それでは、意識した方がいいポイントを挙げましょう。

 

適温適湿の環境づくりをする

なるべく汗をかかないように、エアコンや扇風機を使用し、25~26度の温度を保ちましょう。

暑すぎず涼しい生活環境の方が体力も無駄に消費しません。

夜中ですが、汗は就寝中に最もかくので、タイマーを設定し適温適湿を心掛けたいですね。

 

汗の処理を怠わらないようにする

あせも予防は、汗をかかないような環境を徹底したいのですが、夏場はそうもいきませんよね。

その際は、汗が気になったらタオルで拭き取る、シャワーを浴びることをしましょう。

また赤ちゃんは、お尻が汗を溜めやすく、あせもになりやすいのでオムツを定期的に変えることも気をつけたいですね。

汗で気持ち悪く感じたら服、下着を着替えることも汗の処理になりますね。

 

入浴時の洗い方に気をつける

あせもの原因である汗、汚れをしっかり落とすには、入浴も肝心になってきますし、入浴こそ肌を清潔に保つ方法です。

 

赤ちゃんは肌に刺激を与えるのは良くないので、石鹸やボディーソープは泡立てネットを使用し、しっかり泡立ててから洗いましょう。

 

泡立てた石鹸やボディーソープで洗うことで刺激が弱くなりますし、汚れをしっかり落とせることができるのでオススメですよ。

 

ちなみに赤ちゃんは首周り、手、腕、足の付け根のしわに汚れが溜まりやすいのでしわを伸ばして優しく洗ってあげましょう。

 

洗い方はごしごしではなく、ふわふわの泡でやさしく、くるくる回しながら洗うようにすると、肌を傷つけずに洗えます。

 

これらが赤ちゃんのあせもリスクを軽減させるポイントですが、まとめると肌に汗を残さないように整えるということです。

 

あせもの治し方って!?

 

予防をしたのにあせもになってしまう可能性は当然ありますよね。

 

あせもになってもしっかりケアを行えばあせもは治るので安心してください。

 

ケアの方法を紹介する前に、まずはどの種類のあせもになったかを確認しましょう。

 

あせもの種類は1つだけではなかった!

あせもは、実は1種類だけではありません。

 

あせもの種類によって治し方もかわるので、発症したあせもの種類を確認しておきましょう。

水晶様汗腺(すいしょうようかんしん)

見た目⇒小さな水泡状のブツブツ

症状⇒痛み、痒みがない

水晶様汗腺(すいしょうようかんしん)の場合は、軽いあせもなので清潔に肌を保つことで、自然消滅していきます。

 

ただし、あせもを発症した患部が清潔を保てず不衛生だと再発します。

 

なので汗をかかないように環境を整えることは勿論ですが、汗をかいたら小まめに拭き取ったりと、汗を肌に残さないように心掛けていくことが肝心ですね。

 

清潔感を保つことで、自然消滅であせもはなくなるので、病院に通ったり、治療薬を塗る必要はないあせもです。

 

紅色汗疹(こうしょくかんしん)

見た目⇒赤いブツブツ

症状⇒強い痒み、熱

紅色汗疹(こうしょくかんしん)は、一般的なあせもの代表です。

 

赤いブツブツが目に見えて分かりますし、患部から熱を感じ、何といっても強い痒みが襲います。

 

水晶様汗腺(すいしょうようかんしん)のように自然消滅するあせもではないので、治療薬が必要になってきます。

 

治療薬については、ステロイド外用薬で症状が改善されていきます。

 

ステロイド外用薬はどれを選べばいい?

ステロイド外用薬があせもの治療薬になるのですが、ステロイドには3つのランク(弱い・普通・強い)があります。

 

ランクは赤ちゃん、乳幼児の年齢であったり、患部によって強さ変えないといけません。

 

例えばデリケートな部位に適したステロイド軟膏を塗らないと副作用の恐れがあります。

 

なのでステロイド外用薬、軟膏を使用する際は、薬剤師や医師と、どれが適しているか相談を行ってから使用しましょう。

 

効果的な使用方法

入浴を行って清潔にしてから塗ると良いのですが、何故かというと入浴をすると発汗しますし、血行も良くなるので、汗の通り道が開きます。

 

そして入浴は清潔になりますから、清潔にした上でステロイド軟膏を塗った方が効き目が出やすいからです。

※入浴後もしっかりと拭き取ってから使用しましょう。

[ad#kenkoo-1]

まとめ

汗をかくことは当たり前に起こる事なので、汗を自力で止めることはできませんから、汗をなるべくかかないような環境づくりが大切ということでした。

 

特に夏場は野外は勿論ダラダラと汗が出るものですし、室内にいてもエアコンや扇風機を使わないと暑いので何かしらで調整して適温適湿を心掛けましょう。

 

そして入浴時には、汗や汚れをしっかり落としてあげる且つ刺激を与えないように泡立てて優しく洗ってあげたいですね。

 

治療薬はステロイド軟膏がありますので、強さについては患部、赤ちゃんの年齢からみて医師、薬剤師と相談し使用していきましょう。

Pocket