Pocket

花粉が舞うように風邪などのウイルスも飛まつしているこの季節

鼻づまり、くしゃみが酷いと花粉症になってしまったのか、風邪をひいてしまったのか見分けがつかない時がありますよね。

 

 

しかも、発熱が出て医者に診てもらったら花粉症だったという事例も珍しくないのが、花粉症と風邪が重なりやすいこの季節です。

 

どちらにしろ辛いですが、風邪と花粉症の併発は避けたいですし、早目に治すためにもハッキリさせておきたいところです。

 

 

そんな症状が似ている花粉症と風邪ですが一体どのように見分ければ区別できるのでしょうか。

 

気になっている方も多いと思います。

 

 

では今回は、花粉症でも発熱を起こすのか!?、花粉症と風邪の見分け方と対処法を解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

花粉症でも発熱を起こすのか!?

ズバリ結論からいうと花粉症でも発熱を起こします。

 

 

なので今後は意外かもしれませんが花粉症の症状は

くしゃみや目、皮膚の痒みだけでなく発熱も起きると注意しましょう。

 

 

花粉症による発熱の原因は、鼻の炎症、鼻詰まりがキッカケとなります。

 

鼻の炎症、鼻詰まりにより脳に酸素が十分に送られないと発熱を引き起こしてしまうんですね。

 

  • 38度以下の微熱が長続きする
  • 外出した時だけ発熱する
  • 花粉症と併発して微熱が続いている

 

上記は、花粉症独特の発熱の症状なので

このような発熱であれば花粉症による発熱だと疑いましょう。

 

 

花粉症と風邪の見分け方について

花粉症と風邪は、ほぼ同じような症状がみられ中々自己判断が難しいものですよね。

 

しかし、ポイントさえ見分ければ違いが分かるものなんです。

 

そのポイントを押さえる前に、花粉症の症状と風邪の症状について知っておきましょう。

 

花粉症の症状とは

花粉症の症状は鼻水、くしゃみ、目の痒みなどが代表的ですが、花粉症の症状は実はまだまだあります。

・くしゃみ

・頭痛

・目の痒み

・のどの痒み、痛み

・鼻水(さらさら)

・寒気、悪寒

・皮膚の痒み

・発熱(微熱~高熱)

頭痛や喉の痛み、悪寒など風邪に似た症状がありますが

花粉症というのは、体内に花粉が入りアレルギー反応が起きることで症状がでます。

 

風邪の症状とは

風邪の症状は主にこのような症状です。

・頭痛

・のどの痛み

・咳

・鼻水(ねっとり)

・鼻詰まり

・たん

・くしゃみ

・寒気、悪寒

・発熱

このように風邪の症状も様々で風邪をひいたといって全ての症状が出るとは限りません。

 

上記では、花粉症と風邪の主な症状をあげました。

いくつか重なる症状もあると分かると思いますし、全く違った症状が出ると分かっていただけたと思います。

 

 

それでは、花粉症と風邪の違いから分かる見分け方について入っていきましょう。

 

花粉症と風邪の症状の見分けポイント

上記の花粉症と風邪の症状をじっくり見てみてください。

似たようなものもありますし、花粉症にしか出ない症状もあります。

 

 

では、見分けのポイントとなる

  • 鼻水
  • 目、皮膚の痒み
  • くしゃみ

この3つのポイントを解説していきますね。

鼻水

 

風邪の場合

・初期症状では透明でサラサラ

・数日経つと黄色くねっとり

・ズルズルと吸える

 

花粉症の場合

・サラサラの液体状

・粘着性がなく垂れる

目、皮膚の痒み

風邪では目、皮膚の痒みは起きないので痒みがある場合は、花粉症を疑いましょう。

くしゃみ

風邪のくしゃみは、立て続けに起きるものではありませんが

花粉症のくしゃみは、立て続けに起きるので何度も連続的に起きるくしゃみは花粉症によるくしゃみの可能性大です。

 

鼻水の特徴、目や皮膚の痒み、くしゃみの特徴によって見分けることができるとお分かりいただけたと思います。

 

特に発熱は花粉症ですと38度以下の微熱が長続きするのが見極めのポイントです。

 

しかし、花粉症と風邪が併発してどちらにかかっているか判断できない場合もあると思いますので医師の診察を受けることをオススメします。

 

 

花粉症による発熱の対処法

花粉症で発熱が起きてしまったらどのように対処をすればいいのか気になるところだと思います。

 

 

花粉症の対処法をいくつか上げますと

  • 鼻詰まりの解消
  • 耳鼻科に行く
  • マスク着用

です。

鼻詰まりの解消

花粉症による発熱は、鼻の粘膜に原因となる花粉が付着しているとアレルギー反応により鼻の炎症、鼻詰まりになります。

 

その鼻詰まりなどによって脳に酸素が十分に送られないと発熱が起きるんです。

 

なので、鼻詰まりを解消したり、鼻のトラブルを改善しましょう。

 

・鼻周辺を温める

・体を温める

・鼻づまり解消薬を服用する

 

など解消法がありますよ。

耳鼻科に行く

風邪による発熱は内科ですが、花粉症による発熱は耳鼻科にいくのをオススメします。

 

風邪と同じように解熱剤を使うのもいいですが、医師に診察してもらい症状に合った処方箋をもらいましょう。

 

後、発熱が出るのは免疫力が低下が考えられるので

栄養バランスの良い食事を心掛けたり、免疫力を高めるために安静にしましょう。

マスク着用

対処法、予防にもなりますが花粉症はいかに花粉を鼻、口に入らないようにするかが重要です。

なのでマスクは花粉症になる前の予防、悪化を防ぐためにも使えるので積極的に着用しましょう。

この他を上げると部屋の掃除も効果がありますね。

気付かないうちに花粉が部屋に侵入している可能性も少なくないので掃除を小まめにしましょう。

 

治療としては、病院へ行き薬を処方してもらうことですが

花粉症の発熱と風邪、インフルエンザ併発がある場合は 要注意です。

風邪の薬と花粉症の薬を両方併用して服用するのは薬の過剰摂取になるので必ず医師の指示を仰いでくださいね。

 

 

まとめ

花粉症も発熱を起こすのか!?、花粉症と風邪の見分け方、花粉症の発熱対処法

について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

最後に要点をおさらいします。

花粉症による発熱の特徴

  • 38度以下の微熱が長続きする
  • 外出した時だけ発熱する
  • 花粉症と併発して微熱が続いている

 

花粉症と風邪の見分け方

  • 鼻水
  • 目、皮膚の痒み
  • くしゃみ

 

花粉症による発熱の対処法

  • 鼻詰まりの解消
  • 耳鼻科に行く
  • マスク着用

花粉症による発熱と風邪の発熱の特徴は違いますし

症状が似ていても風邪からきているものか花粉症からきているものなのか知っておくことで速やかに対策をうてます。

 

 

花粉が大量に飛散するこの時期は

花粉症になりやすい人や花粉症の辛さを知っている人にとって

外に出ることも億劫なると思いますが今回知った情報がお役に立てれば嬉しいです。

 

体調を崩さず頑張っていきましょうね。

Pocket