Pocket

1月終えて2月が始まり3、4月と冬が明けて春到来!と心躍る季節が舞い込んでくるわけですが

今年ももう飛んでる?とネットで騒がれるほど避けては通れない本格的な花粉症の時期に迫ってきました。

 

 

花粉症に敏感な方はお察しの通り、正月明けから花粉症に敏感な僕も鼻がムズムズとし始めてたんですよね。

 

花粉症ど真ん中の季節になるとクシャミがひどくてひどくて早く過ぎ去ってくれー!なんて思ってます。

 

僕と同じような気持ちの方も沢山いると思います。

 

 

そんな花粉症ですが今回は、今年2016年の花粉情報や3月に向けてやっておきたい予防対策について解説していきます。

 

 

2016年の花粉情報

地方によって花粉の飛散時期が全く違いますよね。

 

2016年の花粉予測情報はもう出ているので早速みていきましょう。

 

今年2016年は

  • 西日本と東日本の殆どの地域は例年より早く花粉が飛散する
  • 北日本は例年並み
  • 2月上旬から九州・中国・四国・東海・関東地方と幅広く花粉のシーズンが始まる

予測です。

 

この時期の気温が平年より高いと春のスギ花粉が早まって飛散開始するので上記の予測が出ているようですね。

 

 

更に詳しく地方別に見ていきましょう。

  • 地方:北海道
  • 花粉種別:シラカバ、カモガヤ、ヨモギ
  • 飛散開始予測時期:3月上旬~
  • 飛散数(例年比):非常に少ない40%

 

  • 地方:東北
  • 花粉種別:スギ、ヒノキ
  • 飛散開始予測時期:2月下旬~
  • 飛散数(例年比):やや多い120%

 

  • 地方:関東、甲信越
  • 花粉種別:スギ、ヒノキ
  • 飛散開始予測時期:2月上旬~
  • 飛散数(例年比):例年並90%

 

  • 地方:北陸
  • 花粉種別:スギ、ヒノキ
  • 飛散開始予測時期:2月中旬~
  • 飛散数(例年比):やや少ない80%

 

  • 地方:東海
  • 花粉種別:スギ、ヒノキ
  • 飛散開始予測時期:2月上旬~
  • 飛散数(例年比):少ない60%

 

  • 地方:近畿
  • 花粉種別:スギ、ヒノキ
  • 飛散開始予測時期:2月中旬~
  • 飛散数(例年比):非常に少ない40%

 

  • 地方:中国
  • 花粉種別:スギ、ヒノキ
  • 飛散開始予測時期:2月上旬~
  • 飛散数(例年比):少ない50%

 

  • 地方:四国
  • 花粉種別:スギ、ヒノキ
  • 飛散開始予測時期:2月上旬~
  • 飛散数(例年比):非常に少ない40%

 

  • 地方:九州
  • 花粉種別:スギ、ヒノキ
  • 飛散開始予測時期:2月上旬~
  • 飛散数(例年比):非常に少ない40%

例年比でみると地方別にバラつきがあり非常に少ない九州や、やや多い東北など様々です。

 

しかし、人それぞれの体質によって花粉症アレルギーを引き起こしやすい、引き起こしにくいなどありますし

どの地方にいても完全に飛散されないわけではないので、予防対策はしておいた方がいいでしょう。

 

油断は禁物なので次の花粉症予防対策を読んで

花粉症で春を全く楽しめないなんて気の毒なことにならないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 

花粉症の予防対策

こちらでは日常生活で行える花粉症の予防対策について解説していきます。

 

 

~着用編~

予防対策、症状の軽減になる着用、常備できるものをあげました。

マスクを付ける

鼻の対策になります。

 

従来のようにマスクをつけることで花粉症対策になります。
日本赤十字社の研究結果では、今世の中では沢山の種類のマスクがありますが

ほとんどのマスクが95%以上の花粉を除去に成功したようです。
驚きな結果は、最も呼吸しやすく花粉を99%とらえてくれるマスクは

2個100円と最も安い使い捨てマスクだったようです。

メガネ、ゴーグルを付ける

目の対策になります。

 

どちらも花粉症のシャットダウンに予防が期待できます。
花粉症メガネ、ゴーグルにもお洒落な物からスポーツに対応できる万能なゴーグルなど

ありとあらゆるモノが売られていますが、かけるだけで通常なにも対策していないより防備できます。

目薬をさす

目の痒み、乾燥に目薬は必須ですね。

 

目が痒い時手でこすったりすると目を傷つけることになりますし、こすることで余計悪化するので目薬を使いましょう。

 

薬局にも売られているので、病院に中々行く時間がないという方に常備をオススメします。

予防対策として効果の高いものを上げました。

外出時に大活躍してくれそうなものばかりですね。

目と鼻で着用して予防対策する方法はこれで充分なので実践してみてくださいね。

 

 

~食事編~

予防対策になる食事を解説します。

ヨーグルト

乳酸菌が鍵です。乳酸菌が腸内で働き腸内環境が改善されることが体質改善になります。

 

免疫力が高まるので花粉症が引き起こすアレルギー反応を緩和してくれます。

 

即治るわけではないので、花粉が飛散し始める数週間前から継続的に食べ続けることをおすすめします。

レンコン

アレルギーの原因物質に反応するige抗体を抑制するポリフェノール(タンニン)が豊富。

 

実験データでは、620人中81%が3ヶ月間で症状の改善がされたようです。

 

アレルギーの改善に必要な摂取量は、1日30gで14日頃から効果が出始めて継続は3ヶ月が望ましい。

シソ

しそにはポリフェノールが豊富でルテオリン、ロスマリン酸がアレルギーを抑制してくれる働きをします。

 

他には、αリノレン酸が含まれており、この成分は体内でイコサペンタエン酸というものになります。

 

このコサペンタエン酸がアレルギー症状を緩和してくれるんです。

 

しそはしそジュース、ドレッシング等で手軽に摂れます。

えごま油

エゴマ油にもシソ同様大量にα-リノレン酸を含んでいるので花粉症のアレルギーを緩和してくれますし

えごま油の油の分類は、オメガ3必須脂肪酸なのでアレルギー抑制効果を期待できます。

ヨーグルト、レンコン、しそ、えごま油と上げてみましたが

どれもアレルギーの抑制、緩和に一翼を担う積極的に且つ継続的に摂っていきたい食品ですよね。

 

 

~飲料編~

予防対策になる飲料を解説します。

ルイボスティー

免疫力を低下させる活性酸素が花粉症、アレルギー症状の要因の一つです。
ルイボスティーに含まれているスーパーオキサイドディスムターゼが活性酸素を抑える働きをしてくれるので

免疫力を高め花粉症のアレルギー反応を制御してくれます。

 

お茶で治すというよりルイボスティーの効果で免疫力を高めカラダの力でアレルギー反応を制御する予防対策ですね。

ローズヒップティー

ローズヒップティーに多く含まれているビタミンが予防対策と軽減に手助けしてくれます。

 

そのビタミンとは、ビタミンP(ヘスペリジン)のことで

花粉症のアレルギー症状を引き起こすヒスタミンを抑制する抗アレルギー作用があります。

 

またビタミンCとビタミンAも豊富に含まれているので免疫力を高めてくれます。

ビタミンCがあのビタミンCの王様と思えるレモンの約20倍も含まれていることに驚きです。

緑茶

成分であるカテキンなどが、予防薬になります。

 

特に紅富貴(べにふうき)と呼ばれる品種の緑茶は

体内にあるヒスタミン(花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の原因)の過剰放出を抑える働きをもっています。

 

また抗アレルギー作用のあるメチル化カテキンを含んでいますし、様々な花粉症の予防になるので万能飲料ともいえるでしょう。

甜茶

花粉症対策にかなり効果あると定評があるお茶です。

 

タンニンのひとつである甜茶ポリフェノールが豊富に含まれているためヒスタミンの分泌や炎症を抑える作用がある。

 

ポイントは、GODポリフェノールがアレルギー抑制効果があるのでGODポリフェノールを多量に含んでいる甜茶を選びましょう。

少しばかり特殊な茶になりますがお手頃な価格で市販、ネットで売っています。

免疫力を高めたり、ビタミン豊富なものもあるので普段の飲み物でも是非すすんで飲みたいものですね。

 

 

予防対策をザーッと上げましたが、実は風邪だったなんて声もちらほら・・・

 

症状が花粉症か風邪なのかは、見分け方を知ってハッキリさせときましょう。

まとめ

花粉症の予防対策、症状の軽減となる方法、積極的に摂取したいものをあげてきました。

 

花粉症は、上記のものを摂取すれば即効で改善されるといったものではなく

日常生活からマスク、メガネやゴーグルなど目、鼻を保護することで予防になりますし

食事、飲料を免疫を高くするものに変えたり、腸内環境を改善してくれる乳酸菌等を継続的に摂取しておくことで

花粉症、アレルギー症状に強い体質になれます。

 

今からでも間に合いますので予防対策を行い2016年の花粉症を乗り越えていきましょう!

 

Pocket