Pocket

トイレに行きいつも通り用を足してふと便器を確認したら血便が!

生々しい血便が出てしまったら体に異常があるのではないかと心配になりますよね。

 

しかも近年では血便が出たのに痛くないといった症状の方がいるようです。

 

ただでさえ深刻に感じる血便ですが、鮮血が出ているのに痛くないのは、危険な病気ではないだろうかと疑いたくなると思います。

 

今回は、血便の鮮血が痛くないのに出る原因や考えられる病気、何科にいくべきなのかを解説します。

 

 

血便の原因と病気の見極め方

最初に、血便には大きく分けて種類が2つありますが種類については

  • 血便が何色なのか
  • 鮮血の量はどのぐらいか
  • 付着している血の状況

によって原因が変わるので確認しなくてはいけません。

 

便の状態によって体の異常が分かったり、考えられる病気はどんなものか判断材料になるのは

気持ちの良いものではないですが、自身の体のコンディションが分かるものなら非常にありがたいもののように感じますよね。

 

そんな血便の状態によって原因が見えてきたり、病気も発見できるわけですが

血便の色、鮮血の量、付着している血の状況によってどのような違いがあるかというとこのようになっています。

 

 

血便の色

真っ赤な鮮血の場合

⇒肛門に近い出血は、腸内細菌によって分解されていないので鮮血な色です。

考えられるのは、切れ痔やいぼ痔の出血の可能性が大きいです。

 

黒ずんだ黒色

⇒腸内細菌によって分解されるので黒くなります。

そのため黒ずんだ黒色の血便は、肛門から遠い出血によるもので大腸、小腸、胃、十二指腸に何らかの異常がある可能性があります。

 

血便の量

少量の場合

⇒少量で色が鮮やかな鮮血であれば肛門の切れ痔による可能性がありますが、黒色だと大腸ガンの疑いがあります。

 

出血量が多い場合

⇒タラタラと流れるのは、いぼ痔の可能性があります。

肛門に違和感が続いていたり、踏ん張ると痛みを生じるのも痔の特徴です。

 

 

便への付着状況

表面のみの付着

切れ痔、いぼ痔の可能性大です。

 

便全体に血が混じっている

クローン病、潰瘍性大腸炎などの可能性があります。

 

 

このように血便の色、量、付着状態によって考えられる原因が異なります。

痔によるものならまだしもガンまで進行してしまっていたら・・・と考えるとゾーッとしますよね。

 

次で詳しく血便から分かる病気についてみていきましょう。

 

 

血便から分かる病気について

 

知りたくないけど血便が出ている以上目を塞げないのが病気。

手遅れになる前に病気についてしっかり理解して病院へ向かいましょう。

 

痔でもいぼ痔や切れ痔などありますが痔について悩んでいる方は男女問わず意外といます。

この中でも血便になるものはいぼ痔と切れ痔なので2つの痔について詳しくみていきましょう。

切れ痔

切れ痔というのはその名の通り肛門に切れがあり傷ついたものです。

 

排便する時に痛みがあるので「僕(私)は痔ではないだろうか!?」と自覚が芽生えるのはこの時だと思います。

ひどい便秘が続いて便秘が解消された時に今までの便が大量に硬い状態で排出すると肛門を傷つけることになります。

 

出血は少量で出ない場合もありますし、大半は自然治癒力により切れ痔は治っていたりします。

 

激しい下痢も切れ痔にの元ですから下痢、便秘には気をつけたほうがいいですね。

いぼ痔

いぼ痔は、できる場所が大きく分けて2つあります。

 

一つ目は肛門近くにできる外痔核

二つ目は肛門より奥にできる内痔核

 

どちらの痔核にも特徴があるのですが

外痔核は、非常に強い痛みが襲うので「血が出たかも・・・」と気が付きやすく辛い思いをします。

内痔核は、痛みがないまま出血するので「気付いたら!」という事がしばしば起こる厄介者です。

 

大腸ガン

痔よりも遥かに恐ろしいのが大腸ガンです。

進行が初期によるものだと出血は少量で症状がないことから切れ痔と勘違いしやすいので気づかないことが多いんです。

なので検便検査の時に発見されることもあるのですが、進行が進んでしまっているのは避けなければいけません。

 

進行してしまっているとこのような特徴が見られます。

  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 血が交じっている便
  • 出血量が少量から大量に増える
  • 真っ黒なタール便
  • 粘り気のある便

該当するものが多ければ即病院に行くなり検便検査を行いましょう。

 

そして初期段階だと大腸ガンの影が潜んでいることに気づきにくいので、血便がみられる方は毎年の健康診断で検便検査を率先して行うことをオススメします。

 

虚血性大腸炎

血便と右腹部に腹痛が併発するのが虚血性大腸炎の特徴です。

動脈硬化や糖尿病を患っている高齢者に多いのですが便秘を患っている女性にもしばしばみえます。

大腸へ血液を供給する際、動脈が狭まかったり、詰まっていると血流が悪くなり炎症を起し出血します。

 

 

血便が出たら病院へ!何科にいけばいい?

血便が出たらほとんどの方が病院へ行くと思いますが、後回しにしてしまったり、時間をとれなくて行く時間がないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、血便はどうみても体の異常を表しているものですから第一優先にして病院にいってください。

 

で、病院といっても内科、消化器科、肛門科などあるので何科にいけばいいのか迷ってしまいますよね。

 

総合病院など大きな病院だと受付けの際に恥ずかしいかもしれませんが、血便の症状が出たと伝えると何科が妥当なのか案内してくれます。

 

またどの科に行けばいいのかは血便の状態で判断できるので参考にしてみてください。

 

肛門科

真っ赤な鮮血の血便、排便時に痛みがある状態は痔の可能性が大きいので肛門科に行きましょう。

 

内科、消化器科

血便がタールのようなドロドロしていたら消化器系臓器に異常があるサインなので内科か消化器科で診察を受けましょう。

 

血便後の検査

問診を終えたら検査に移りますが検査の種類も色々あります。

直腸指検査

医師が肛門に指を挿入して状態を調べる検査です。

考えるだけでも引き気味になりますが、直腸がん、直腸ポリープ、痔などの診断も行えるようです。

注腸造影検査

大腸ガンが疑われる場合最初にするのがこの検査です。

肛門からバリウムと空気を入れ、レントゲン撮影を行います。

大腸内視鏡検査

肛門から内視鏡スコープを挿入し、空気の注入を行いながら盲腸まで挿入し大腸に病気がないかを観察します。

平坦な大腸ガンは陰性のことが多くバリウム検査では分かりにくということもあり内視鏡検査が行われるようです。

 

 

急に血便が!痛くないのに鮮血が出る原因と考えられる病気は?何科に行くべき?の最後に。

血便の鮮血が痛くないのに出る原因や考えられる病気、何科に行くべきかについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

血便は気づいた時にも恐怖にさらされると思いますが、血便から考えられる病気も恐ろしいものばかりです。

 

大腸がんの初期段階だと血便が出ても少量の出血だけなので分かりづらいかもしれませんが

痔だと自己判断せず万が一の病気の可能性もあるので早期発見に努めましょう。

 

そのためにも進行する前に便潜血検査などを行い健康状態を把握しておくことをオススメします。

Pocket