Pocket

子供の頃、へそのごまを取ろうとしたら、親にお腹が痛くなるからだめよ!と叱られた経験はないでしょうか?

 

確かに敏感な部位になるのですが、へそのごまを放置していて塊になってしまったりすると、病気や臭いの原因になるともいわれています。

 

そのような扱いが難しいへそのごまですが、やはり正しく掃除して清潔な方が健康的にもいいので病気を防ぐためにも構わないわけにはいけません。

 

なので今回は、へそのごまの塊をそのままにしていると起こりうる病気やあの臭いは一体なんなのか?

 

へその正しい掃除の仕方などを解説していきます。

[ad#kenkoo-1]

へそのごまはゴミって本当?

いきなり衝撃的なことを解説していきますが、へそのごまは、へその穴に溜まったゴミ同様に汚いものです。

 

いままで何だろうな?と気になっていたけどまさかのゴミだなんて・・・と思うかもしれませんが

へそのごまは、垢や埃、皮脂などが混ざった塊というのが真実です。

 

真実を知ると妙に自分のへその中の状態が気になってしまうかもしまいますよね。

 

もし、最近掃除してなかったなと感じるようでしたら確認するのは後にしましょう。笑

 

では何故、へその中にごまのような汚れの塊が出来てしまうかというと、へそは見てみるとくぼみがあって中の皮膚がシワシワですよね。

 

このような構造から、どうしても体の垢や皮脂がへその中へと流れ溜め込みやすく、汚れが蓄積されることで黒ごまのようになります。

 

そして汚れも中でへばりついていたり、自分の目では確認しずらい面もあるので、上手く掃除できず、汚れが溜まりっぱなしになってしまうといった負のサイクルも起きやすいといえるでしょう。

 

この溜め混み具合がひどい場合だとゴミが小石のような塊になってしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

小石のような塊になると掃除では対処できない場合があり、病院でとることになるというケースもあるほど。

 

たかがへそのごま、されどへそのごまに感じていたと思いますが、清潔にしておくことに損はなさそうですね。

 

 

へそのごまの臭いと考えられる病気ってどうなの?

掃除をしたことがある方は分かると思いますが、間違いなくへそのごまは、気持ちのいい臭いではありません。

バッサリ言ってしまえば誰だってクサイ臭いを醸し出してしまいます。

 

なぜこんなに臭いかとういと、へそのごまは便器の水より細菌が多いといわれているからです。

細菌の数でいえば、便器の水の約4100倍といったとんでもないスケールの細菌がごまにギュッと詰まっているわけです。

 

へそのごま甘く見れませんね。。。

 

で、へそのごまを溜めすぎて起こりうる病気ですが、その名も臍炎という病気です。

 

臍炎とは、へその皮膚に傷ができた際にへそのごま(ゴミ)が溜まっていると雑菌が浸入し起こるものです。

 

症状としては

  • へそが痛む
  • 膿が出る
  • 湿疹ができる
  • 腫れる
  • 悪臭がする

などが起こります。

 

このような炎症がへそというデリーケートな部分にも起こるので清潔なことに越したことはありません。

 

上記のような症状が見られたら我慢しず病院へ行き診察してもらいましょう。

 

へその正しい掃除方法

臍炎のような病気になる前にへそごまをキレイにしていれば病気を未然に防ぐことができますよね。

 

なので耳掃除と同じで定期的に掃除を心掛けたいものです。

 

しかし、へそはいじると簡単に腹痛が起きてしまいますよね。

 

これにもちゃんとした理由があるんです。

 

実は、へその下には内蔵を覆うように皮下組織、腹直筋、瘢痕組織(へその緒の跡)、腹膜があります。

 

腹膜は神経が非常にデリケートのため、へそのごまをとろうとして指なんかでほじくると腹痛が起きてしまう構造になっているんです。

 

でも安心してください。この痛みは病気や炎症が起きているのではなく刺激によるものなのですぐ治まりますよ。

 

それでは、実際にへその中にごま(ゴミ)を溜めないように、清潔感を保ち掃除していくには、どのようにすれば良いのかを解説していきます。

 

 

オイルと綿棒で除去

綿棒とオイルを使ってへそのごまを取り除きます。

オイルは汚れを浮かす効果があるので期待できますよ。

 

パターン1

  1. 綿棒にオイル(クレンジング、オリーブ)を浸す
  2. へその中を撫でる様に拭く
  3. 浮いたごま、汚れを綿棒でとる
  4. 除去できるまで繰り返す

 

パターン2

オイルをへそに垂らす

ラップをへそにかぶせて10分間放置

浮いた汚れをティッシュや綿棒で拭き取る

 

 

風呂場で除去

凄くシンプルな方法ですが手軽に効果的です。

入浴することで垢がふやけます。ふやけると取り除きやすくなるので除去するといった流れです。

いつもの入浴に一手間加えるだけでへそも清潔に保つことが出来るようになるでしょう。

 

  1. 適度な温度で充分に入浴する
  2. 浴槽から上がったら石鹸をタオルに含ませてへそをなぞる様に洗う
  3. 週に2回を目安に行う

 

ポイント

タオルでごしごすと強く洗うのは、腹痛の元なので優しくしましょう。

[ad#kenkoo-1]

 

石のように硬くとれない際は・・・

皮膚科で除去してもらうのも手です。

 

へその中の掃除を全くしていないと、へそのごまが積み溜まり、石のようにガチガチな場合があります。

 

このようなへそごまになると、風呂場での石鹸タオルでの除去やオイルと綿棒を使った除去でも困難なため、自力で取り除くことはオススメできません。

 

無理をし過ぎてへそを傷つけてしまい臍炎になってしまった!というのもシャレにならないのでガチガチなごまは皮膚科でとってもらいましょう。

 

 

まとめ

へそは、普段気にしないものなので、汚れが溜まっている傾向があります。

しかし、下手にいじると腹痛を起こしてしまうものですから、どう掃除すればいいのか迷っていた方も少なくないと思います。

 

そんなへそですが、汚れ、垢、ごまの蓄積が石のようにガチガチの汚れになってしまいますし

へそが傷ついてしまうと臍炎という病気になる可能性があるということでした。

 

なので清潔にする必要がありますが今回ご紹介したのは、手軽にできる入浴時の石鹸タオルでの掃除、綿棒とオイルを使った掃除です。

 

どちらの掃除とも定期的に行うことでへそのごま、汚れが気にならなくなるでしょう。

 

実践する際は、デリケートなので優しく掃除してあげてくださいね。

 

Pocket