Pocket

アレルギー検査は、普段何もアレルギー反応が感じられない人は気にすることはないと思いますが

花粉症に悩むのもアレルギーから来ているものですし、食物アレルギー、金属アレルギー、動物、日光など

驚くようなものまで敏感にアレルギー反応を起こしてしまう人がいるのも事実です。

 

 

なのでアレルギーをもっているわけがないと思っていた人が、実は何らかのアレルギーをもっていたりするわけで

アレルギー反応を引き起こすのは、大人のみならず子供や生後まもない赤ちゃんまで引き起こす可能性があります。

 

 

大人、ある程度育った子供なら痒い、体調が優れないなど敏感に感じることはできますが、赤ちゃんの場合はどうでしょう。

言葉も喋れないので泣いて知らせることしかできないですよね。

 

 

だからこそ今一度赤ちゃんを育てている方や子供がいる方は、アレルギーを起こす可能性がある食物、アレルギー検査について何科にいけばいいのか?費用はどのぐらになのか?など知っておいた方がいいと思います。

 

 

それではみていきましょう!

 

赤ちゃんが起こすアレルギーはどんなもの?

アレルギーには、卵や牛乳などの食物アレルギー、ハウスダスト、花粉、動物、金属などありとあらゆるアレルギーがありますが、赤ちゃんが最も起こしやすいのは食物アレルギーになります。

 

 

その割合は10人に1人とデータが出ているので他人事ではないものです。

 

ここで原因の話しをすると、赤ちゃんや小さい子供は、食べた物を消化する機能が大人と比べるとまだ未発達なので、アレルゲンの過剰反応を起こしやすいということがまず1点で、ただ触れただけで皮膚に蕁麻疹、腫れ、アトピーなど引き起こす可能性があるほど、皮膚のバリア機能が未熟な状態だからです。

 

 

そのような食物アレルギーにも症状がいくつかありますが

赤ちゃん、子供が発症する症状として多いのが、アトピー性皮膚炎と呼ばれるもので

全身のあらゆるところに痒みがある湿疹ができたり、皮膚の水分が少なく乾燥した状態になっているなどが見受けられます。

 

そんな食物アレルギーですが、アレルゲンを引き起こす食物はこのぐらいあるんです。

 

 

食物アレルギーの種類は?

食物アレルギーとなる種類がどんなものがあるのか分かれば、対策になりますよね。

これからアレルゲンを引き起こしてしまう食べ物を挙げるのですが

まだその食物を食べ慣れていない乳幼児や子供が摂取する際は、特に注意が必要になってきます。

[ad#kenkoo-1]

牛乳

牛乳は給食に出るほど子供の成長には欠かせないと言われるものですが

クラスの中に1、2人はアレルギーもちの方がいたように牛乳はアレルゲンを起こす可能性があります。

症状としては、アトピーや喘息で、3大アレルゲンの1つなので要注意ですよ。

 

こちらも3大アレルゲンの1つになります。

乳幼児といった生後まもない赤ちゃんが卵を食べて起こしてしまう確率が多いです。

大人でさえも食べ過ぎることで卵アレルギーになります。

野球で有名な江川卓さんは例外で、大のゆで卵好きで1日3個は食べるみたいですが

何事も食べ過ぎ、摂取し過ぎは良くないものです。

 

大豆

3つめの3大アレルゲンが大豆です。

大豆には約16種類ものアレルギーを引き起こしやすいアレルゲンが含まれています。

納豆、味噌、醤油はアレルギー反応が出ることは希なので、必ずしもこれらは控えなければならない!

というわけではないのですが、大豆には大豆タンパクようはタンパク質が含まれています。

このタンパク質が赤ちゃん、乳幼児といった小さい子供には、耐性が強くないのでアレルギー反応を起こしやすいといえます。

 

日本で生まれたのにコメを気持ちよく食べれなくなってしまうのがコメによるアレルギーです。

主な原因として考えられているのは、だいぶ前から聞こえてくるものですが

米を作っている際に使う農薬が残ってしまっていたり、度々の改良品種が繰り返されるとお米本来の品種とはかけ離れてしまい体質に合わなくなってしまうことが考えられます。

なので対策としては、無農薬の米をつかう、白米のみではなく穀物類を混ぜて栄養強化を図るなど行うと発症のリスクは低くなります。

アレルギーによって美味しい米を食べれない子供が増えているみたいなので

米を食べれる時期になったら、まずは少量を食べるなど体に慣れさせて食べるように心掛けたいですね。

 

小麦

赤ちゃん~小学生が主に小麦アレルギー起こしやすいです。

原因は、小麦粉にはグルテンというタンパク質が含まれており乳幼児、まだ小さい子供は

小麦粉を消化する機能が未熟なので、未熟な時に摂取すると約2時間以内には

皮膚に湿疹や蕁麻疹が出てきますし、咳が出たり便が下痢になってしまうという症状が出ます。

このように早い段階で症状が出るのを即時型アレルギーともいいますよ。

子供は、お菓子、ケーキなど大好きですが、小麦粉が含まれていますので、まだ未熟な子供が症状が出ていないかしっかり見ておきたいですね。

 

その他

上記の3大アレルゲンや日頃頻繁に口にするであろう米や小麦でさえもアレルギー反応を起こしやすいものでしたが

その他にも挙げると、よく口にするこれらの食物も人によってアレルギー反応を起こします。

  • そば
  • ピーナッツ
  • 魚類
  • 牡蠣
  • エビ
  • カニ
  • 山芋
  • いくら
  • 肉(鶏肉、豚肉、牛肉)
  • カカオ
  • ごま
  • アルコール

このように上記のものもアレルギーを起こすものです。

 

「え!こんなものまで食物アレルギーを起こすの!?何を食べさせてあげればいいのか分からなくなるじゃない!」

という声も聞こえてきそうですが子供は、成長につれて器官も発達していきますので問題なく食べれるようになるので安心して大丈夫です。

 

アレルギーを起こす可能性がある食べ物の中でも成長に欠かせないものも含まれるので、一生食べてはいけないというものではありませんし、何よりも赤ちゃん、子供の健康状態を見ながら食物を与えるようにしていくのが望ましいといえるでしょう。

 

 

また、知識不足だと食べてから症状を起こしアレルギーがあると分かったりするケースが多いですが

アレルギー検査という方法もあるので自分、自分の赤ちゃんや子供は、どのようなアレルギーがあるのか検査しておくのが、最重要対策としてあげられると考えます。

 

 

アレルギー検査は何科にいけばいいの?

アレルギー検査が最重要対策といいましたが、検査を受けて前もってアレルギーを起こすものを知っているほど安心することはないですよね。

 

アレルギーを起こし症状が出てからでは赤ちゃん、子供も可哀想そうですし、親であるあなたも自分を責めてしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、後回しにしがちかもしれませんが、アレルギー検査は非常にオススメできる検査です。

 

そんなアレルギー検査ですが症状が湿疹や蕁麻疹であったり、咳、下痢など表れるので

アレルギー検査は一体何科に行けばいいの?と疑問に思うと思います。

 

アレルギー検査は、子供の場合小児科へ行くのがまず間違いないでしょう。

 

そこから症状によって科の変更があるかもしれませんが

症状によって科が変わったとしても対応してくれるので例えば

  • 皮膚に蕁麻疹や湿疹が発症しているのであれば皮膚科
  • 咳が症状として出ているのであれば内科

など症状に合わせて科を選ぶのも間違いありません。

 

そしてもっと専門的で診てくれるところは、アレルギー科でありアレルギー専門医がいる病院です。

そのようなところでは、日本アレルギー学会に認定されている医者がアレルギーの専門医としていらっしゃるので

アレルギー全般に対しての治療、対策は勿論、アレルギーを起こした際に今後日常で気をつけることなどもアドバイスしてくれます。

 

日常生活で例えば、家の掃除をしていないは論外ですが、アレルギーを悪化させない掃除の仕方であったり衛生的な面でも相談や指導をしてくれるでしょう。

 

なので赤ちゃん、子供の場合は小児科でいいのですがアレルギー専門医がいる病院だと尚更的確なアドバイスをしてくれますし、専門的な知識が高ければ親としても安心できますよね。

 

こちらの日本アレルギー学会のHPでは

近隣にアレルギー専門医がいる病院があるか調べれるので参考にしてみてくださいね。

[ad#kenkoo-1]

 

アレルギー検査の費用はどのぐらい?

アレルギー検査にはどの科へいくのが理想か分かったと思いますが、費用も気になりますよね。

 

実は、アレルギー検査は症状が出ている場合は保険が適用されますが、出ていない場合では保険が適用されません。

 

なので症状が出ておらず対策を練りたい場合も含めて保険が適用されず検査を受けた場合の費用ですが

受ける検査によって異なりますが、自己負担金は5000円~20000円みておいたほうがいいでしょう。

 

これが保険を適用される場合だと~7000円ぐらいとグッと負担が軽くなります。

 

ちなみにアレルギー検査は乳幼児、子供、大人問わず同額が一般的です。

 

このように保険が適用されないと結構な額がかかるものだ・・・と感じると思うので

まずは医療機関に問い合わせてみたり、問診から始めてもらうのがいいかもしれませんね。

 

私の意見としては、症状が出ているのであれば、保険適用がどうのこうの言ってはられないと思うので

しっかりとアレルギー検査を受けて医師の指示を仰ぐことをオススメします。

 

 

まとめ

アレルギー検査は子供、赤ちゃんは何科に行けばいい?費用はどのくらいなの?いかがでしたでしょうか?

 

赤ちゃんが起こすアレルギーは、食物アレルギーが多く、10人に1人という割合で起きているものです。

 

そのようなアレルギーを起こすものを解説しましたが、赤ちゃんや小さな子供は体が未発達なため慎重に食物を選ばなければいけませんが、成長につれてアレルギーを起こさなくなりますので安心できます。

 

しかし、アレルギーを起こしてしまった場合は病院に行き医者に診察をしてもらった方がいいのですが、できるだけアレルギー専門医のいる病院を選びましょうね。

 

費用は保険がで適用される場合とされない場合では、結構な差額があります。

しかし、赤ちゃん、子供の健康を考えると大切な検査であることは間違いないと思います。

症状が出ているのであれば、保険が適用されるケースが多いので、まずは医療機関やお医者さんに聞いてみてはいかがでしょうか。

 

Pocket