Pocket

飲み会の翌日、飲み過ぎてしまうと二日酔いで頭痛を引き起こしたり

吐き気から寝込んでしまったりと悪影響が出てしまいますが

体の筋肉が何故か痛くなるこのような経験をもったことはないでしょうか。

 

 

実はこの酒(アルコール)によって筋肉が痛くなる症状は名前までついているほどで

酷い人によっては、寝れないことになるほど厄介な症状です。

 

 

私自身、酒(アルコール)に弱いので飲んだ翌日は、軽い頭痛に悩まされますが

ある日には、何故か運動もしていないのに、筋肉痛が起きていて「あれ?飲んでいる最中筋トレでもしてたっけ?」と考える日もありました。

 

 

私の場合は、程度が軽かったので問題なかったのですが人によっては激痛が走るほどの痛みを伴うので、アルコールをよく摂取する方は対策や治療法を知っておくことをオススメしますよ。

 

 

ということで今回は、アルコールを摂ることで起きる筋肉の痛みであるアルコール筋症の症状や対策、治療法を解説していきます。

[ad#kenkoo-1]

 

アルコール筋症の症状とは!?

まず初めに、酒を飲んでアルコールを摂取した際に起こる筋肉痛をアルコール筋症(アルコール性ミオパチー)といいます。

 

 

何故お酒が筋肉痛を起こすの!?と思いますよね。

 

 

お酒は体内に入れると体内の水分とビタミンを使い、アルコールである毒素を分解しようと働きます。

 

 

酒を飲むと飲んでいるのに喉が渇くといった症状を感じると思いますが、あれは脱水症状を起こしています。

 

 

そのように水分が大量に消費するのですが、それだけでなくアルコールを摂取すると

肝臓が活発的に働き、毒素であるアルコールを消そうとしこ、の時にビタミンも使い消費するんですね。

 

 

そしてビタミン不足が起きている時に、お酒をグイグイ飲むと、筋肉を作るたんぱく質の合成が間に合わないため

筋肉が破壊されて、筋肉に痛みが出る、筋肉含め体がだるくなるといった症状が出ます。

 

そんな主な症状がこちらです。

  • 節々の関節痛
  • 腕、足の筋肉痛
  • 体の倦怠感
  • 手足の痙攣、痺れ

 

 

まるでスポーツや筋トレをした後のように感じるかもしれませんが、恐ろしいのが痙攣、痺れを感じるほどのケースです。

 

ここまでいくと眠れなくなる可能性が高いので生活にも支障が出てきてしまいます。

 

 

飲み過ぎないようにセーブする注意が必要ですし、これを知っておけば、だんだんと酒を飲むのが、控え目になってきそうですね。笑

 

 

ちなみに筋肉痛になるのなら、筋肉が回復した時に筋力がついているのでは!?とプラスに考えることもできますが

残念ながらアルコール筋症は、筋肉をつくるタンパク質の合成を行えないので筋トレ効果は得れません。

 

 

アルコールで失われるのは、水分、ビタミンだけではなかった!

アルコール筋症になると筋肉をつくるタンパク質の合成は行えないため、筋トレをしても筋肉増強を妨げてしまう傾向にありますが、実はアルコールを摂取することで失われるのは水分とビタミンだけではないのも事実です。

 

ビタミンといってもA~E全てが失われますし、妊婦が積極的に取りたい葉酸、骨を強化するカルシウム、免疫機能を高める亜鉛、生命を保つミネラルもごそっと失われます。

 

アルコールを摂取するメリットって・・・と思うのも仕方がないと思います。

 

しかし、コミュニケーションツールとして飲まなければいけない!という時もあるので

失われる栄養素を意識しつつ、食事やおつまみで栄養をとるのが症状を起こさない得策でしょう。

 

 

アルコール筋症の対策、治療はこれで決まり!

さて、急性的なアルコール筋症の対策、起きてしまった時の治療解消法はどんなものがあるのでしょうか。

 

アルコール筋症になる原因は、これまで解説してきた通り、お酒(アルコール)の摂り過ぎ、摂り過ぎに伴うビタミン不足でした。

 

つまりこの2つを対策、解消すればいいんです。

 

早速みていきましょう。

 

水分補給をする

お酒の席でも酒だけでなく何気なく水を飲むと思いますが、水分を補給することは

体内のアルコールを体外へ排出しようと利尿作用が働きます。

 

つまりアルコールを摂取したら合間に水も同じように飲んで、アルコールを残さないようにした方がいいんです。

 

ちなみにスポーツドリンクは、失われるミネラルも含まれていますし、何よりも吸収が早くできるので

通常の水よりミネラルを補給しつつ、早くアルコールを体外へ排出させることができますよ。

 

ビタミン補給をする

ビタミン不足が夜も眠れないほど痛みが襲うアルコール筋症になりますが

飲酒の席でビタミンを摂れる料理を摂れば筋肉痛予防、和らげることができるので積極的に摂りたいです。

 

積極的に摂りたいのがビタミンB1でビタミンB1は

  • たらこ
  • いくら
  • 焼き海苔
  • 大豆
  • 豚肉
  • ベーコン
  • ハム

などなど。

このように見ると、どの居酒屋でもこれらビタミンB1を多く含む料理がメニューにありそうではないですか?

例えば、枝豆、冷奴、豚の生姜焼き、生ハムサラダなどまだまだありそうですね。

 

意識して食べることでアルコールを摂取しても恐くなくなると思いますよ。

 

飲酒量を少量にする

凄く簡単に聞こえますが難しいのが少量にすることですよね。

しかし、このアルコール筋症は、大量にアルコールを摂取する事が多い人、アルコールに弱い人がなりやすいので、少量にするほど効果的な対策はありません。

弱い人は、アルコールフリーなどにするのも手ですね。

 

[ad#kenkoo-1]

まとめ

アルコール筋症になると痛みで寝れない!?症状や治療法を解説!について解説してきましたがいかがしたでしょうか?

 

アルコール筋症の原因は、アルコールの多量摂取、ビタミン不足によるもので

症状は筋肉痛や体の倦怠感、酷い場合だと痺れ、痙攣を起こし眠れないほどということでしたね。

 

アルコール筋症にならない対策法は、飲酒量を少量にするが最も確実ですが酒の席になれば中々難しいもの。

なので水分補給、ビタミン補給は忘れずに行うことをオススメしますよ。

Pocket